美容できれい日記

美しくなりたい日々をつづった美容の日記。sakurafireでぇす!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

コレステロールは、悪くない!

「動物性脂肪やコレステロールを多くとると、血中のコレステロール量が
増え動脈硬化が促進し心疾患や脳梗塞になる危険が高まる」という

一世風靡した説があります。今でも「動物性脂肪を減らし植物油を増やす」
という指導をしている医者や栄養士がいますが、これらは間違いだと
近年訂正されました。しかし一度流布した説は、なかなか修正されず
今もこの間違った方法で食生活を行っている方が多いのが現状ですね。

摂取量は、一日およそ300mg以下にすることが推奨されていますので
鶏卵には250mg含んでいますから一日一個にしなさいという栄養士も
多いのです。しかしこれも正しい指導とは言えません。
コレステロールは一日1gほど必要ですが、その三分の二は体内で
作られます。この生合成を調節している酵素(HMG-CoA還元酵素)は、
食べた食事にコレステロールが多いと合成する量を抑え、少ないと合成を
増やすという調整をしてます。

ですから食べ物のコレステロール量が多少変化しても血中コレステロール
量はあまり変わりません。毎日鶏卵を3とか6個食べても血中コレステ
ロール量は上がらなかったというデータもあります。鶏卵は理想的な
アミノ酸バランスの食品ですので、大いに活用したい食材料です。

コレステロールは肝臓でリポタンパクというタンパク質に包まれ、宅配便
の段ボールに包まれた荷物のように血液の中を流れて必要な場所に
届けられる。肝臓からでたコレステロールは段ボールに包まれているので
LDL(low density lipoprotein、低比重リポタンパク。悪玉コレステ
ロールと呼ばれるがこの言い方は正しくないと思う)といい、
コレステロールを届け終えた段ボールは空なのでHDL
(high density lipoprotein、高比重リポタンパク。善玉コレステロール
と呼ばれるがこの言い方も正しくない。レシチンを拾ってくる)という。
LDLもHDLもそもそも役割があって血液中に存在しているのだが
LDLがHDLよりも比較的多いと動脈硬化になりやすいので悪玉と
呼ばれるのだが、LDLが悪いのではなく、LDLを肝臓に戻す働きが
弱く、あるいはLDLを肝臓から必要以上にたくさん血中に出す
メカニズムが壊れていることが悪いのでLDLのせいではないのである。

問題なのは、このパッケージである段ボールが活性酸素によって
酸化され壊れてしまった時である。積み荷であるコレステロールは
バラバラになり血管中に散乱しマクロファージという掃除機の世話に
なるのだが、その散乱した量があまりに多いとマクロファージだけでは
間に合わない。血管壁にある平滑筋細胞も散乱したコレステロールを
マクロファージと一緒に取り込む。これがアテローム(粥状隆起)で
脳梗塞などの原因にもなる。中にはコレステロールが溜まっているので
コレステロールが悪者ということになった。

ですからコレステロールの摂取量が問題ではなく、活性酸素でやられない
ようにするか、散乱したコレステロールを速やかに体外に出す適切な
方法を考えるべきである。活性酸素で酸化されないようにするには
抗酸化物質(たくさんある)であるビタミン・ミネラルやコエンザイム
Q10やらアルファリポ酸というサプリメントを摂るのがベストだし、
コレステロールを大便などに混ぜて排出するにはレシチンが大きな
役割を果たす。幸いHDLには、レシチンがたくさん含まれているので
善玉と呼ばれる一因である。この時ビタミンCやEも欠かせない。
卵の黄身や大豆にはレシチンが豊富に含まれているのでこれらの
レシチンを充分食べていれば、アテロームは生じにくく動脈硬化なども
起こりにくい。

コレステロールの主な役割

1.細胞膜の材料
2.男性ホルモン・女性ホルモン・副腎皮質ホルモンの成分
3.胆汁酸の材料になって腸からの脂肪の消化吸収を助ける
4.ビタミンDの前駆体(皮膚のコレステロール)

どれも大事な材料です。

沖縄の100歳以上の人はコレステロール値が高く、オランダでも85歳
以上の人を10年間追跡するとコレステロール値が低い人ほど短命だった
のです。

動脈硬化の専門家の長谷川元治先生(東邦大学医学部名誉教授)の著書
「日本人よ コレステロールを恐れるな」には、動脈硬化・心疾患などの
コレステロール原因説を強く否定しています。
動脈硬化の原因の1つは、ホモシステインであることが1992年に
発表され、大きな話題になりました。ホモシステインについては
下記のリンクをお読み下さい。

ホモシステイン
http://www.kenkoukeepers.com/text2/homo.html

コレステロール血中量を多すぎず少なすぎず維持するには、食生活の偏り
をなくし適度な運動・しっかりと睡眠をとることが基本ですが、現代人は
様々なことを考慮するとビタミン・ミネラル剤を毎日摂ることが大切だと
思います。
病気になってから医者の世話になる事の負担よりも病気にならないように
積極的に健康維持に取り組むのが結局安くつくと考えるのが前頭葉の
発達した人間だと思いますが、いかがでしょうか?

「心と体、そして経済の健康に栄養サプリメントを摂る」
http://kenko21supplement.seesaa.net/

「女性の気持ち」
http://joseinokimoti.seesaa.net/



アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。