美容できれい日記

美しくなりたい日々をつづった美容の日記。sakurafireでぇす!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

マーガリンなどトランス型脂肪酸が病気の原因で健康を損なう人が多い

マーガリン・ショートニングは日本以外では毒物! 著者:本多 仁

------------------------------------------------------------
 液体の油である不飽和脂肪酸に水素添加という化学処理を施して
、天然の油であるバターやラードのような飽和脂肪酸に変えたもの
が、マーガリンやショートニングである。天然に存在する脂肪酸は
、ほぼ全部シス型という立体構造を形成しているのですが、この水
素添加したものには、トランス型という立体構造を持つ異常な油が
含まれています。

 このトランス型脂肪酸の主な問題点は、3つあります。

1.トランス型脂肪酸は、プロスタグランディンに転換されず、ま
た他の不飽和脂肪酸がプロスタグランディンに変換されるのを妨げ
たり、脂溶性ビタミンの利用を妨げます。

2.トランス型の構造は不自然で、細胞膜のしっかりした構成材料
にならないので、膜組織に多量にあると、膜の構造が弱くなり、有
害な物質の侵入を許しやすくなる。(これがクローン病(注1)の
原因の1つか?と考える人もいます)

3.必須脂肪酸としての機能を持たないため生体膜の材料にも局所
ホルモンにもならないが、排泄するための代謝に、大量のビタミン
とミネラルを消耗するだけの有害物質なのです。

 当然マーガリンなどは安価ですから、クッキー、クラッカー、パ
ン、ケーキ、コーヒーに入れるフレッシュ、アイスクリーム、レト
ルトカレーなどの加工食品によく使われているので、ほとんどの人
は一日に、いくらかはトランス型脂肪酸を取り入れているのです。

 ある研究ではフライドポテト一人前に8gのトランス型脂肪酸が
含まれているそうです。20世紀始めには人間の体内には存在して
いなかったトランス型脂肪酸ですが、今では日本人の皮下脂肪中の
約4%に達しているそうです。

 また缶入りの紅花油やコーン油などの植物油も、それが高温で処
理されている場合、その一部はトランス型脂肪酸に変性しています
。ですからマーガリンを加熱料理に使用するのは、トランス型脂肪
酸を一層増加させるという危険きわまりない行為です。

(日本で今何百種類のものが市販されているか知りませんが、市販
のクッキーでマーガリンやショートニング使用してないものは、私
はわずかな数の製品しか知りません。
(注2)欧米のクッキーにはバターだけを使用したものが多いです。
ドイツではトランス型脂肪酸を含むマーガリンの製造は禁止されて
います。)

 マーガリンの害が最初に指摘されたのは、西ドイツで、マーガリ
ンの発売開始時期と地域とクローン病(注1)患者の出現時期と地
域の一致からだそうです。フィンランドで1200人を対象にした
ソフトマーガリンを多くとった群ととらなかった群を15年間追跡
した疫学研究ではマーガリン多摂取群は5年後にはコレステロール
値が低かったが10年後には差がなくなり、むしろ年々多摂取群の
死亡率が上昇し、全体で1.4倍、心臓病では2.4倍も高くなっ
たのです。

注1:クーロン病は腸管壁の細胞が壊れており、大きな分子、つま
り体にとっては異物であるものが腸の壁の中に入ってきて、そこで
防御反応というか炎症反応が起き、腸壁に傷(潰瘍)ができてくる
事が原因の一つになっていると言われています。多くの医者がクー
ロン病は原因不明だと言いますが、原因の一つとしてトランス型脂
肪酸が怪しいと考えている方も少なくありません。

注2:健康スナック菓子の最大手のO製薬に、マーガリンとショー
トニングは危険だからその健康菓子に使用しない方が「健康スナッ
ク」としては望ましいと昔手紙を送った所、そういう話はどの本に
書いてあるのか、教えて欲しいと返事があったので、早速数点の書
籍名をお知らせした。忘れたのかと思えるほど時間が経ってから、
「当社が使用している量では、害はないと考えられる」旨の回答と
、その意見の持ち主である御用学者の論文は添付されて送られてき
た。トランス型脂肪酸を含んだ油脂を使用した製品が、ちまたにあ
ふれている現状を考えると、この傲慢な姿勢に腹が立った。だが「
害があるものを売っている」という意識があるのが分かっておかし
かった。

 日本ではなかなかマーガリンやショートニングの使用規制ができ
ないのは、製造者も使用者も大手の企業が多いからなのかと思いま
す。マスメディアが「マーガリン使用反対キャンペーン」をやらな
いかぎり使用規制や禁止は実現不可能でしょうか?ヤフーなどのイ
ンターネット上で、「使用反対キャンペーン」ができれば良いので
すが・・・。もちろん一番の方法はマーガリンなどを使わない人が
少しづつでも増え、口コミで広がることかも知れません。

 ついでに述べますとバターは、摂りすぎない限り健康にメリット
も多い食品です。マーガリンの代わりに今からバターを使いましょ
う。間違ってもその反対をなさらぬように!それは緩慢な自殺行為
です。

★私が読んだ健康に関するお薦めしたい書籍
 ジョナサン・ライト博士の新・栄養療法 (単行本(ソフトカバー))
 Jonathan V. Wright (原著), 丸元 康生 (翻訳)
 http://32url.com/?YTzv


心と体、そして経済の健康に栄養サプリメントを摂る
http://kenko21supplement.seesaa.net/



アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。